大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【ビジネス英会話・英語のブログを始めて本当に良かったこと】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

ビジネス英会話・英語のブログを始めて本当に良かったこととは??

こんばんは、Tak石河です。

早いもので、もうGW間近ですね!もうすでに、GW大型連休に入っておられる方もおられるかもしれません。

さて、このブログ「大阪発!現役外資系サラリーマンが教える【ビジネス英会話塾】」も早いもので開設から二ヶ月が経とうとしています。ここまでみて下さった読者の皆さんには、本当に感謝です^^;

さて、今日は、ビジネス英会話・英語のブログを始めて本当に良かったなあと思うことをシェアしていきたいと思います。

本業とは別の事項で、新たに何かにチャレンジできることができた


よくビジネス英語の用語で「’Comfort zone(快適領域)’から出る」、という言葉があります。

これは、ビジネスや自己の成長の為には、現状に満足せずに(守りに入らず)、今の心地よい状況を飛び出して、新たなことにチャレンジしていくことの重要性を示したものですが、このブログ一つとっても、私にとっては、その試みでした。

ぶっちゃけ言うと、ブログなんて書かずに、平日は会社で仕事して、休日は家でのんびりして何もしないのが、Tak石河にとっては最大の快適領域だったのです(まあ、何と元も子もない発言でしょう笑!)ところが、今後の自分のキャリアを考えていく中で、どうしても何か情報を発信していくようにしないと、今の時代を生き抜くのは難しいと思いました。

このあたりは、会社員(特に外資系)のキャリア構築についてまたブログで考察したいですが、今回のブログ発足は、自分なりの情報発信の足掛かりとなり、新たな一歩を踏み出せたのは良かったと思っています。

…と、ここまで偉そうに書いておいて、このブログを構想し始めたのは、2016年の9月頃なんです。そこから、忙しいの何だのと自分に言い訳をして、レンタルサーバー契約、ドメイン取得…etcの準備を終えて、スタートしたのが2017年2月。実に、ブログを始めるまでに半年もかかってしまっているんです(汗)

他のブロガーさんが、実際構想~ブログ開始までの間にどれくらい時間をかけておられるかは、存じ上げないんですが、準備だけに半年もかかってしまったのは時間かかりすぎたなあと、ちょっと反省しています。

自分の本当に得意な領域が分かった


実は、このブログは最初、ビジネス英会話のブログの予定ではなかったんです。

正直言うと、もっと趣味ブログみたいな感じになると思っていました。Tak石河は、ブログ開設前にホットヨガなど始めたので、「外資系サラリーマンとホットヨガの日々」みたいなタイトルにしようかと思っていたんです。

…ただ、いざブログ記事を書いていこうとすると、ホットヨガについては自分でもびっくりするくらい記事が(素案すら)かけなくて、「ああ、自分の得意な領域はホットヨガじゃないんだ」と思ったんですね。

そして、自分のこれまでのキャリアを振り返ってみると、小学生の時からずっと自分が関わってきたのは英語で、英語のお陰で、今の外資系サラリーマンの自分がいます。そして、英語の中でも自分が重きを置いていることを絞り込むと、「ビジネス英会話」になるのだなあ、と。

すると、ビジネス英会話関係であれば、不思議とブログ記事の案はどんどんと思い浮かんだんですね。「自己分析」は就職活動のときにやったけれど、それ以来はまともにやっていなかったので、自分と向き合う良い機会になりました。

そして、圧倒的に勉強量が増えました。正直、何も勉強しないと、いくら好きな領域でも、ブログってネタ切れの恐れに陥るんですね(汗)今の自分は、アウトプットとインプットをうまく回している感じで、ブログによる良い副次的効果と思っています。

ブログを書くことは、いわば「家を建てること」であることが分かった


これは、私のビジネスの師から教わったのですが、「ビジネスをする(その一環でブログを作る)ことは、家を建てことと一緒ですよ」ということでした。これは、自分にとって金言です。

具体的にどういうことかと言いますと。

お恥ずかしいですが、例として下図をご覧ください。


これは、当初のブログ設計構想のマインドマップです。

見事、撃沈しました。「構想を広げすぎて、いつまでたっても家を建てられない(汗)」状態になってしまったんですね。

そして再考を繰り返し、もっと小さな家を建てることにしました。

それが、現状の「大阪発!現役外資系サラリーマンが教える【ビジネス英会話塾】」です。

こちらは、大阪×外資系(サラリーマン)×ビジネス×英会話という4つの掛け算で、家のサイズをもっと縮小してみたのですね。

まだ発展途上の家ですが、こうして絞り込んだ家は、最初の大風呂敷を広げすぎた家よりも随分と心地が良くなりました。

このあたり、家を小さくしすぎても、かといって変な欠陥住宅にしてしまうのも考え物ですが、「自分にとって程よいサイズの家」をイメージしていくのが良いと感じています。

今日も、Tak石河のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

良かったら、下記のボタンをポチっとorシェアして頂けると、大変励みになり、嬉しいです!


にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください