大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【英語学習お役立ちTips⑥ 英語力を試す前置詞の問題-Arriveの後に続く前置詞は何??】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

【英語学習お役立ちTips⑥ 英語力を試す前置詞の問題-Arriveの後に続く前置詞は何??】

こんばんは、Tak石河です。

今日は、おそらく英語学習者、並びに、英語を普段使用されている方でも、一度は頭を悩ますと思われる、前置詞のお話しです。以前の投稿  【英語学習お役立ちTips③ 英語力が分かる質問】

でもお伝えした、英語力の分かる(簡単な?)質問シリーズです。


いきなりですが問題です!

以下に入る前置詞を考えてみてください。

(各例文が、どんだけ大阪好きやねん!!というツッコミはさておいて下さい笑)

(1)I arrived (  ) Osaka yesterday.

(私は昨日、大阪に着きました)

(2)What time will she arrive (  ) the Kansai Airport?

(彼女は何時に関西空港に着く予定ですか?)

(3)He arrived (  ) Tuesday morning in the Osaka office.

(彼は火曜日の午前中に、大阪の事務所に着きました)

如何でしょうか??

 

(一般的と思われる)回答と解説

(1)I arrived in Osaka yesterday.

(私は昨日、大阪に着きました)

到着する場所が「Japan(国)、Osaka(都市)」等の名前であれば、inを使います。そして、到着する「月」、「年」、「季節」等の表現の場合、inを使用。「朝、午後、夜」に到着する場合は、inを使用。

※要注意: 「night」(晩)は例外です。「night」は必ず「at night」と表現します。

(2)What time will she arrive at the Kansai Airport?

(彼女は何時に関西空港に着く予定ですか?)

到着する場所が「ホテル、駅、空港」等の場合。また、具体的に到着する時刻が分かっている場合(例:at 6 o’clock, at half past twelveなど)、atを用いる。

(3)He arrived on Tuesday morning in the Osaka office.

(彼は火曜日の午前中に、大阪の事務所に着きました)

到着する「曜日」を表現する場合、onという前置詞を使用します。

<模範解答?はさておき、Tak石河が思う前置詞のイメージとは??>

えーとですね。上に解答を載せておいてこういうのはあれなんですが…。

実際にビジネス英会話の場面では、きっとネイティブは「到着する場所が「ホテル、駅、空港」等の場合、atを用いる」といったように、「○○ならat」「○✖ならin」といった覚え方はしていないと思うんですよね。ていうかなんですが、いちいち覚えていたら覚えきれませんね…

前置詞については、諸説ありますが、Tak石河は前置詞のキモはイメージだと思うのです。

これはホント単純な位置関係のイメージ。

今回では、atは「点」、inは「内部」、onは「接触(or上に載っている)」

※ちょっといい画像が見つからなかったので、見つけたら載せます。

(1)I arrived in Osaka yesterday.

(私は昨日、大阪に着きました)

⇒大阪の「内部」に到着したイメージなのでin。

(2)What time will she arrive at the Kansai Airport?

(彼女は何時に関西空港に着く予定ですか?)

⇒関西空港が地図上の1点と感じられているので、atが選択されている。

(3)He arrived on Tuesday morning in the Osaka office.

(彼は火曜日の午前中に、大阪の事務所に着きました)

⇒これはイメージからの説明が難しいですが、「日」が意識される場合、その日と話者が、感覚的に接触する感じがあるからと思われる。

…というように、前置詞イメージ説がTak石河の中で相当有力なのは、会話の中で途切れる場合、たとば空港の名前を忘れたとして、

日本人の場合、’ What time will she arrive /(ここで一瞬の間)/at the Kansai Airport?’

なのに対して(もちろん人によって変わるでしょうがそういう傾向)、

ネイティブの場合、’ What time will she arrive at /(ここで一瞬の間)/ the Kansai Airport?’

っていう感じなんですよね。つまり、at、地図上の1点である「空港」のイメージはあるけれども、空港名だけ出てこない、といった感じです。

前置詞は、それだけでも専門書が何冊も本屋さんに沢山出回るくらいなので、また機会を改めて詳しく考察してみたいと思います。

では最後におまけの問題です

 

では最後におまけの問題。下記の文章で、( )内に入る前置詞は何でしょう??

I arrived ( ) there at 9 o’clock.

(私はそこに、9時に到着した。)

正解はこちら↓↓↓

ファイナルアンサー笑???↓↓↓

正解は、「何も入りません」です。

これは、thereは(場所を表す)副詞だからです。hereなどもそうで、

I arrived here at 9 o’clock.

のようになります。

最後は意地悪問題ですみません。この記事を見て、貴方が前置詞、ひいては英語が嫌いにならないことを祈っています(汗)

今日も、Tak石河のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

少しでもためになったら下記をポチっとorシェアしてもらえると、とても嬉しいです!


にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です