大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【World News Appleはバッテリーの内製化を進める】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、Tak石河です。

今日のWorld newsは、

Apple could be designing its own power management chip as well

Appleは電力管理チップの内製を目指して設計チームを編成中(原文をたどっていくと、このチームはドイツにあるらしい)

です。


さて、皆さんは携帯電話はお持ちと思いますが、iPhone派でしょうか、Android派でしょうか?

あ、上記画像に特段意味はありません、iPhone派の方、気を悪くされたらすみません(汗)

Tak石河は、元々、

2010年頃 ソフトバンクでiPhone 4購入(懐かしい)。この頃はソフトバックしかiPhoneを取り扱いしていませんでした。

⇒2012年頃?iPhone4を派手にぶっ壊し、ソフトバンクに泣きついたが、莫大な修理代金(ていうか新品を買い直した方が良いレベル)の提示に愕然

⇒家族がみんなauだったので、auのAndroidに乗り換える

⇒2015年頃、格安携帯の安さに驚き、Yahoo MobileのAndroidに乗り換える。以後現在に至る。

…という経緯を辿っています。

と、ここまで語りましたが、私はYahoo Mobileの社員でもAndroid推進派でもありませんw

ただ、ユーザー目線からすると、「iPhone (ひいてはApple)は自己完結、Androidはオープン」という印象を受けます。それを感じたのが、下記の記事です(前置きが長くなりました…)。

Apple already has planned to design its own graphics chip for the iPhone, but the company doesn’t plan to stop there. According to Reuters and German investment banks, Apple is putting together a team to design its own battery management chip for the iPhone.

Appleは既にiPhone用の自社製グラフィックスチップの設計を計画しているが、Appleの計画はそれだけにはとどまらない。ロイター通信とドイツの投資銀行によると、AppleはiPhone用の独自のバッテリー管理チップを設計するチームを作っている。

It’s interesting to see that Apple is moving down its most important suppliers one by one. Apple wants to control everything about its iPhone. And it seems logical, given that it is by far the company’s most successful device.

Appleは今、サプライチェーンの下の方へ自分で手を出すことによって、重要なサプライヤーに次々と取って代わろうとしている、

Appleは、iPhoneのすべてをコントロールしたいのだ。なんといってもiPhoneは同社の最大の最も成功した機器だから、その「完全自前主義」も当然に見える。

(出典 TechCrunchの記事より引用)

赤字の’Apple is moving down its most important suppliers one by one.’という所が、サプライヤーチェーンの下流の方にじわじわと手を伸ばしていく感じがしますね。


にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください