大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【洋書レビュー① ‘ALICE IN WONDERLAND’(邦題:不思議の国のアリス)】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

【洋書レビュー① ‘ALICE IN WONDERLAND’(邦題:不思議の国のアリス)】

記念すべき洋書レビューの第1弾は、皆さんもおそらくご存じの’ALICE IN WONDERLAND’(不思議の国のアリス)です。

 

  1. I) お勧め度:★★★★☆(★4つ)

(手につけやすい、最初に読む洋書としてお勧め!一般教養として、読んでおいて損はありません。ただ、子供向けの物語なので、そういうテイストが嫌いな方にはあまりお勧めではないかも。なので、★4つの評価にしました)

 

  1. II) おすすめする読者層:

Lv.1 超初級者向~Lv.5 超上級者向(全レベルに対応)

 

III)         分野:一般教養

 

  1. IV) 石河レビュー

 

最初の洋書レビューで、この本をお勧めした理由は、この本は、海外では「子供向けの物語」になっており、内容もとっつきやすいからですね。外国人の方と本の話をした際に、’ALICE IN WONDERLAND’と言えば、まず知らない人はいないでしょう。

 

大体のあらすじを(ネタバレしない範囲で書くと)幼いアリスが、赤い目をした白兎に連れられて、野原の兎穴に飛び込み、穴の中の深い井戸へ…。そして、その中で不思議な体験を積み、たくましくなり、一人前の少女に成長していく…という物語です。

 

ただし!侮ることなかれ。物語特有の表現が随所に登場するので、書かれている英語の意味を、全部正しく理解するのは、実はかなり難しいです。

 

そのため、 【洋書レビュー②洋書の読み方】の投稿でお話した通り、まずは日本語の訳本を一通り読むことをお勧めします!ざっと流し読みがおすすめ。大体30分~1時間くらいで読み終わります。その後、洋書に移りましょう。こちらもざっと読んで、洋書小説独特の表現を楽しみましょう。わからない所はじゃんじゃん訳本を見て、ストレスなく、さくさく読み進めるのが良いと思います。まずは、「1冊を読み終えた」体験を作りましょう^^;

 

Lv. 5超上級者で、英語力に自信のある方は、是非、訳本からではなく、原書からチャレンジしてみてください。読み終わった後、訳本を読んでみてください。全部意味が分かっていれば、貴方は相当な英語の使い手です!中でも、ところどころ、ノンネイティブにはなかなかピンとこないと思われる、気の利いた「シャレ」が所々あって、そこをクスっと笑って読めると、楽しいですね。

 

個人的には、最終版で、アリスが裁判で女王をやり込め、夢から覚めた時の描写が、実に抒情的で興味深いです。 ※以下ネタバレを含みますのでご注意。

 

 

 

 

 

「…アリスちゃん、起きなさいな」とお姉さんが言いました。「まあ、長いこと寝たわね!」

「ああ、ほんとに不思議な夢を見たわ」とアリスは言いました、そして皆さんがこれまでよんでいらしたアリスの不思議な冒険を、みんな思い出せるかぎりお姉さんに話してあげたのでした。アリスが話しおわると、お姉さんはアリスに接吻して言いました。

「ほんとに不思議な夢だったわね。でも、さあ、急いで行ってお茶をおあがり、おそくなったわ」

そこでアリスは立ち上がって、駆けて行きましたが、駆けながら、もっともなことですが、なんて不思議な夢だったこと、と思うのでした。

※『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル/多田幸蔵訳)より一部引用

 

一見、普通の訳のようですが、そこは翻訳の達人、多田幸蔵氏の腕前です。ちなみに英語の原文は以下の通り。比べてみると、多田氏、またLEWIS氏の文章が、如何に簡潔・的確で、叙情敵・文学的かを感じずにはおれません。特に最後の文、語彙・文法的には簡単ですが、これをいざ書くとなると、とても難しい。なんだか、夢から覚めたアリスが、「あ~、なんか不思議な夢だったな…」と寝ぼけ眼で、パタパタとお茶を飲みに行き、現実世界へ戻っていく…。そんな味な光景が、思い浮かんできませんか?

 

‘’Wake up, Alice dear!’’ said her sister. ‘’Why, what a long sleep you’ve had!’’

‘’Oh, I’ve had such a curious dream!’’ said Alice, and she told her sister, as well as she could remember them, all these strange Adventures of hers that you have just been reading about; and when she had finished, her sister kissed her, and said ‘’ It was a curious dream, dear, certainly: but now run in to your tea; it’s getting late.’’ So Alice got up and ran off, thinking while she ran, as well she might, what a wonderful dream it had been.’’

*Cited from ‘Alice IN WONDERLAND’ by LEWIS CARROLL

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です