大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

【見逃厳禁・男性向】Tak石河のビジネスの師である伝説の塾が募集開始!

【ビジネス英会話Tips49 <2単GO>(7) joking asideの意味と使い方が5分で読める!】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

‘All joking aside, I’m really about worried about you.’

(冗談はさておき、(実は)私は貴方のことを本当に心配していのよ。)

Diana

‘Are you serious?’

(まじで??)

Sales Manager浅田さん

‘Of COURSE NOT, JOKING.’

(そんなわけないじゃない、冗談よ♪)

普通にドSのDiana

 

今日の<2単GO>

joking aside

冗談はさておき、冗談は抜きにして(冗談を言った後、真面目な話に移る前置きとして使われる)

例によって、英英辞書の定義も見てみましょう!

Tak石河

British English used before you say something serious after you have been joking

(イギリス英語 冗談を言った後に、何か真剣なことを言う前置きとして使われる)

(📖出典📖 LONGMAN ONLINE DICTIONARY)

「LONGMANではイギリス英語と書かれているけど、アメリカ英語でも普通に使われる表現だね!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

出現度

出現度は「そこそこ」ですが、スモールトーク+ビジネスの話題、では割と良く出てくる表現です!

「『そこそこ』出てくるドラクエの敵キャラって何かな?」

Tak石河

「ドラキーとか??」

ドラクエは苦手なDiana

「うーんそこらあたりでしょうか(汗)?読者でご存じの方、教えてください!」

Tak石河

 

難易度

<2単GO>としては難しくはないですが、以下のおすすめの使い方

「『スモールトークで冗談』⇒joking aside⇒『真剣なビジネスの話』」の流れに持っていく使い方」

をマスターするには、ちょっと慣れというかコツが入ります。

Lv. 15くらいの勇者になれば十分使いこなせることでしょう…!!

使えるシチュエーション

「この表現は、冗談から本気のビジネスモードに持っていくためのスムーズな、つなぎ言葉として活躍するね!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

「特に、ビジネス英会話の現場では、最初はスモールトークでアイスブレイクしてから本題に入ることが多いので、この表現を使う機会は割と多いですね。」

Tak石河

「Takの使い方の例は?」

Diana

「そうですね…。例えば、プレゼンする時に、以下のような切り出し方はどうでしょう(実際にTak石河が割と使う例です)。」

‘Hi, everybody. Welcome to my sleepy session after lunch break! (ここでちょっと笑いが起きる)Joking aside, today I’d like to share my technical updates.’

(皆さんこんにちは。ランチ休憩後の眠たいセッションにようこそ!冗談はさておき、今日は私のテクニカルアップデートを皆さんにシェアしたいと思います。)

Tak石河

「確かに食事休憩後はどの国の人でも眠くなるから、掴みとしてはいいね!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

「他は、とても天気が悪い時に、わざと皮肉で

‘Hey, what a wonderful weather to start my session! Joking aside,…’

(ほら、私のセッションを始めるのに素晴らしい天気ですね!冗談はさておき…。)

と始めるやり方もあるよね。こういう出だし、イギリス人はウケる傾向あるよねー。」

Diana

「ポイントとしては、最初の冗談が、『食後の眠気』だったり、『天気』だったり、世界共通のわかりやすい笑い・スモールトークだと、笑いが起きる。その後joking asideから真面目な話に持っていくと、雰囲気が和らいだ後にビシッと仕事モードに持ってこれて、いいね!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

「ところで、以前Benから’All joking aside.’3語で言われたことがあるんだが、これはどういう意味なんだ?」

Sales Manager浅田さん

「これは、『冗談はさておいて。』と、一息溜めているね。その後、真面目な話が絶対来るから、浅田さん気を付けてね!!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

「なるほど!そん時はまったく聞き取れんかったから、今度言われたらちゃんと聞いとくわ!(たぶん)」

内心聞く気ゼロの浅田さん

「じゃあ5分経ったから、浅田さん帰っていいですよ」

Tak石河

「Tak、浅田さんはさっきBenから、ミーティングルームに呼び出しを受けたわ。きっと、’All joking aside.’の続きが、Benからあるんじゃない?」

Diana

「…では、浅田さんは逝ってしまった(※既に過去形)なので、関連表現も少し見てみましょう!」

Tak石河

関連表現

「’joking aside’の他には、’joking apart’, ‘kidding aside’, kidding apart’…なども使える表現だね!意味は全部、ほぼ一緒だよ。」

アメリカ人同僚 盟友Liam

「全て<2単GO>で便利ね!みんなも、是非使ってみてね!」

Diana

「他は、’back to business’も、辞書には載っていないけど良く使われる表現だね。『本題に戻ると…』ということで、ビジネスモードに移せるので、場面に応じて使い分けてみるといいよ。」

アメリカ人同僚 盟友Liam

今日も、Tak石河のブログを読んで頂いて、ありがとうございます!

参考になったら、下記をポチッとorシェアをよろしくお願いします!

いつも応援、ありがとうございます!

 

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ

 

その頃、Benにミーティングルームに呼び出された浅田さんは…

「ったくようー。今日は美雪ちゃんに会いにいくのに何でBenに呼び出されなきゃいけないんだよ…。っていうかBenいないじゃん。おっ、机の上に何か『ピンク色の紙』があるぞ…何だこりゃ?」

今日も美雪ちゃん☆LOVE☆ 浅田さん

 

そして、浅田さんは「ピンク色の紙」がどういう意味か露知らず、今日も美雪ちゃんと会いに夜の街に繰り出していくのだった…。

 

次回、 【(仮)貴方もある日突然渡される!? 恐怖の『ピンク色の紙』の正体とは?】  に続く…!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください