大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【ビジネス英会話Tips⑧ 「具体的に言ってください」を英語で?】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、Tak石河です。

こんばんは、Tak石河です。

ビジネス英会話で、相手から英語で話された時に、内容が分からなかった場合…

「具体的に言っていただけませんか?」といいたいとき。

Tak石河は中学・高校の英語の授業で、具体的に=concrete、といった教わり方をしたのですが、実際のビジネス英会話で

‘Could you be more concrete?’

との会話されているシーンは、実は一度も聞いたことがありません。

試しに、アメリカ人に’Could you please be more concrete?’と試しに聞いてみたことがありますが、相手は’What??’といった返答で、やはり通じなかったんですね。

Oxford online dictionaryによれば、Concrete: のAdjectiveの意味としては、

  1. Specific; definite.

    e.g ‘I have not get any concrete proof.’

  2. (of a noun) denoting a material object as opposed to an abstract quality, state, or action.

    e.g. ‘You cannot turn abstract ideas into concrete things.’

が挙げられているので、日本語の「具体的な」という意味は、語義には含まれているはずなんですけどね。

そのかわりに、鉄板で通じて多用しているのが、elaborate([自動詞]詳しく述べる(on, upon…)

‘Could you elaborate?’

(詳しく話していただけますか?)

このたった3語でバッチリ通じます、相手は詳しく話してくれます!

ちなみに、ここでelaborateは自動詞として用いているので、目的語を取りません。そのため、「…というトピックについて詳しく話していただだけますか?という場合は、

‘Could you please elaborate
on/upon
the topic?’のように、on/uponを挟んでつなげましょう。

他の言い方としては、

‘Could you please be more specific?’

(直訳すると「特定してもらえませんか?」ですが、何か抽象的なことを言われた時に、絞り込んで例を出してほしい時に有効です⇒その結果、相手から詳しく話を聞くことができます。)

‘Could you give me an example for that?’

(直接的に「例を示してください」になります)

今日も、Tak石河のブログを読んで下さってありがとうございます。

現在、【ブログ村-ビジネス英語】に絶賛参加中です!

お役に立ったら、是非下記のボタンをポチっと押してもらえると or シェアして頂けると、とても嬉しいです!

皆さんのポチが、Tak石河のブログ更新の原動力ですので、是非温かいご支援をよろしくお願いします^^;

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください