大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【ビジネス英会話Tips① ビジネス英会話での自己紹介のコツ】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

英語での自己紹介は、色々な方法があると思いますが、ビジネス英会話で効果的な自己紹介について考察してみます。以下、石河(※Takは石河の英語でのニックネームです)と、アメリカ人同僚のKenとの自己紹介の場面です。

 

(例①   あまり印象に残らないと思われる自己紹介)

Tak:     ‘Hi. My name is Ishikawa.’

Mark:   ‘Is that your first name?’

Tak:No. ‘It’s my last name.’

Mark:   ‘I see. It’s a pleasure to meet you, Mr. Ishikawa.’

 

(例②  改善した自己紹介)

Tak:     ‘Hi. I am Takashi Ishikawa. Please call me Tak. It’s a pleasure to meet you.’(shaking hands)

Ken:     ‘It’s a pleasure to meet you, too. I am Ken Newman. please call me Ken.’

Tak:     ‘Let me introduce myself. I work for XXX corp. It’s a manufacturer of electrical goods. We produce various kinds of electronics such as TVs, PCs, solar panels and so on. What line of business are you involved in?

Mark:   ‘I am a financial consultant and

 

私が大事にしているポイントは主に3つです(これは、日常会話ではなく、ビジネス英会話を念頭に置いていることを了承下さい)。

(1)  自分のニックネーム(なるべく簡単なもの!)をあらかじめ用意しておく。

これは、日本人の名前は、外国人にとってはとにかく発音しづらく、覚えにくいからです。石河の場合、名前がTakashiなので、Ta-Ka-Shiと三音節になります。これは、外国人の方にとっては大変難儀です。

なので、石河の場合は、最初の三文字をとってTakにしました。これなら一音節で覚えやすいし発音もしやすい。長くても二音節までの方が良いですね。

※ちなみに。ニックネームの落とし穴として、作ったニックネームが、現地の言葉では「変な意味」になっていないか、チェックしておくと良いです。私の場合、Takは、(会社の本社がある)オランダでは「木の枝」といった意味になるそうです。まあ、別に悪い意味ではないのでこれに選びましたが。

また、相手の名前も、一瞬で喋られるので、忘れずに覚えておきましょう。日本人のように、仰々しい名刺交換(海外では、日本的名刺交換はquirkyな(風変わりな)card gameと言われているらしい)はほとんどありません。万一、名前を聞き逃したら、

‘Sorry, could you please say your name again?’ 

又は、

‘Could you please jot down your name?’

といって、相手の名前のスペルを書いてもらいましょう。

jot down…~を(さらさらと)手早くメモする、の意味。write downよりも、走り書きの意味合いが強いです。

 

(2)  自分の仕事内容について、簡単な言葉で説明する。

ここは色んな方法があると思いますが、石河は「会社名+簡単な業務(可能であれば職務も)内容」を述べています。ここのポイントは「極力簡単・簡潔に」説明する事。つい、自分の専門領域だと人は沢山しゃべってしまいがちですが、専門外の相手には難しい話になるので、簡単な言葉で説明するのが良いでしょう。

 

 

(3)相手の仕事内容についても聞いておく。

相手の仕事についても情報を得ておくと、今後、仕事でかかわった時に、お互いのことが予め分かっていて楽です。

この場合、’What do you do?’ ‘What is your job/occupation?’(あなたの職業は何ですか?)という直接的な表現よりも、

‘What line of business are you involved in?’ (どういったお仕事をなさっているのですか?)といった、幅広い表現の方が好ましいです。

 

 

 

ちなみに…ここまで語っておいて何ですが。

実際のビジネス英会話での現場では、なるべく自己アピールをしつつも、その時々(場面や社風)に合わせたものが良いと思います。ちなみに、石河はカルチャーショックだったのは、今の外資系企業での挨拶の仕方でした。

 

Ken: ‘Ken. (shaking hands) You?’

 

この場合、’(I am) Ken. And what your name?’を極限まで短くしたものですが、これには驚きました。この場合、TakKenは同じグループ会社に属している(初対面だが、広い意味で身内)という設定だったので、長々と自己紹介するよりもスピード重視、ということだと思いますが、それにしても短い自己紹介です。

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください