大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【日常 姫路城へ行ってきましたー英語で姫路城を堪能!】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

突然ですが、去る3月11日(土)(←更新遅い笑)に、姫路城に家族と行ってきました。

 

 

いやー、いいですね!家族の方は、姫路城に感激している間、私は姫路城のパンフレットを読みふけっていました。そう、石河は、こういう史跡で日本語―英語のパンフレットを見比べて、日英のそれぞれの訳を比較するのが大好きなんです(姫路城を見ろよ!笑)

 

 

いま白鷺の’’天守閣’’がよみがえる。

 

天を突くように威風堂々とそびえる、白く輝く大天守。その圧倒的な姿は、白い鷺が舞い立つように見えることから、別名「白鷲城」と呼ばれています。明治の大修理から45年。「平成の修理」と呼ばれた大天守保存修理工事は、かけがえのない世界文化遺産・国宝を築城時とのままの美しい姿で次の世代へ引き継ぐため、漆喰壁の塗り替えや屋根瓦の葺き直しを中心に約5年をかけて行われました。

(姫路城 公式パンフレットより引用)

 

英訳のパンフレットは以下の通り訳されています。

 

The Rebirth of the White Egret-like Main Keep

 

The impressive figure of the Main Keep covered with white plaster looks like a white egret in flight. So it is also known as the White Egret Castle. 45 years after ‘’Showa Era Restoration’’, ‘’Heisei Era Restoration’’ was carried out lately for about 5 years to hand down its original shape and beauty.

(Cited from the brochure of Himeji-jo Castle)

 

日本語と同一訳ではなくかなり内容ははしょっていますが、外国人の方にとって’the White Egret Castle’ と言われると、何だか胸ときめくような気がしませんか?そして、石河はパンフレットの冒頭の書き出しがとても好きです。(←それよりも姫路城を見ろよ!笑)

 

いや、でも姫路城は、’the White Egret Castle’と言われるだけあって、白くて端正で、とても上品な感じがしました。

実は、姫路城に訪れるのは、石河は今回は2回目なんです。1回目は、姫路城が改修前(ちょうど社会人になる直前)に行きました。関東方面の会社なので、「きっと、この姫路城は最初で最後の訪問になるだろうな…」と感傷に浸っていたのを思い出します(あの頃は若かった…)。

でも、その後紆余曲折を経て、今は関西の外資系で働き、再び改修後の姫路城を(結構早くにw)訪れることになるとは。人生とは分からないものです。

 

ちなみに、新たな発見として、姫路城内ではAR(Augmented Reality:拡張現実感)が導入されていました。説明が難しいので下記画像をご参照。こんな感じで、スマホのアプリをダウンロードすると、3Dでキャラクターや動画や写真が出てきて結構リアリティーがあります。最近は増えてきているみたいですね。

 

 

ちなみに、このかわいらしいキャラクターは「しろまるひめ」という、姫路市の公式キャラクターです。

なお、「上をみてね」等かわいく指示してくれますが、上をみても実は何もないやんていう放置プレイがあったり、全くかわいくない恐ろしいものが見えたりしてなかなかに素敵です。折角なので、皆さんも姫路城に行った際に是非色々見てみてください^^;

 

 

↑しろまるひめのいう通り、上をみると、とんでもないものが…!?行ってのお楽しみ!

 

 

 

そして、6階まで急な階段を登っていくと(アラサーにはキツい!!笑)、6階には何と神社があります。

 

 

「刑部(おさかべ)神社(別名、長壁神社とも呼ぶ)」という層で、姫路城が建てられる前から姫山に祀られていた神社で、現在は姫路市内に三か所あり、そのうちの一つがこの姫路城天守閣だそうです。姫路城の守護神とのこと。なるほど!

 

 

かえりは城下町で食事。「いの屋敷」「ろの屋敷」「はの屋敷」(確か、「にの屋敷」まであったような気がする…)なる屋敷に、飲食店やお土産物屋さんが入っており、海鮮料理を満喫しました。姫路城を眺めながら食べる食事は最高です☆

 

 

今回は時間の都合で姫路城だけ、日帰りでしたが、「姫路セントラルパーク」なども行ってみたいですね。

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください