大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

【見逃厳禁・男性向】Tak石河のビジネスの師である伝説の塾が募集開始!

【読みづらい英文をスッキリと表現する―同じ構造の英文の繰り返しを避けるための工夫】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

最終更新日時:2018年2月18日 20:30 内容を微修正

さて、今日はビジネス英語コンサルティングの中でも要望の多い、「読みづらい英文をスッキリさせる」ための工夫を、実例を踏まえてご紹介したいと思います。

Tak石河

本ブログではもはや珍しい真面目な投稿ね!

Diana

早速ですが、今日のお題を見てみよう!

アメリカ人同僚 盟友Liam

今日のお題!

人間は、多くの細胞でできている。各々の細胞の形や働きは様々であるが、どの細胞も基本的な構造は同じで、細胞の中心には核があり、核の中には染色体が存在する。

添削前の解答例

People are made from a lot of cells. Each cell has different shapes and functions, but their basic structure is the same, there is a nucleus in the center, and there is a chromosome in the nucleus.

この解答例は、お書きになった方のお気持ちとしては非常に分かりますが、ゴチャゴチャしてわかりづらくなっています。どうやれば、分かりやすくなるかを考えてみましょう。

Tak石河

 

読みづらい英文をスッキリと表現するためのコツ

英訳前の日本語の論理構造をはっきりさせる

この英文が訳しにくいのは、最初の日本文が正直あまり良くないんです。

Tak石河

というと?

Diana

ここで重要な情報は、

「(人間を構成する細胞は)形や構造が様々―(しかし)―基本的な構造は一緒」

という論理を構造をキッチリと出すことですね。日本語は、論理性や接続詞が割と適当でも、何となく文章の意味が通じてしまいますが、英語では論理性がしっかりと出ないと通じません。

なので、まず日本文はこのように変えてみましょう。

Tak石河

(元々の日本文)

人間は、多くの細胞でできている。各々の細胞の形や働きは様々であるが、どの細胞も基本的な構造は同じで、細胞の中心には核があり、核の中には染色体が存在する。

(修正後の日本文)

人間は、多くの細胞でできており、各々の細胞の形や働きは様々である。しかし、どの細胞も基本的な構造は同じで、細胞の中心には核があり、核の中には染色体が存在する。

このようにすると、第1文と第2文を、逆接(however)でつないで、論理的に意味がしっかり繋がります。

Tak石河

情報を簡潔に付け足す方法を駆使する

(修正後の日本文)

人間は、多くの細胞でできており、各々の細胞の形や働きは様々である。しかし、どの細胞も基本的な構造は同じで、細胞の中心には核があり、核の中には染色体が存在する。

この第一文で、’Human beings are made of many different cells whose shapes and functions are different.’みたいな形の英文をよく見るけど?

Diana

そうだね。間違ってはいないんだけど、ここは、もっとすっきりと表現できる。withをつかってみよう。

Human beings are made of many different cells with various shapes and functions.

アメリカ人同僚 盟友Liam


そうですね。関係代名詞を使うのは決して悪くないんですが、withを使って簡単に表現できないかな?とアンテナを立てておくと良いですね。多くの場合使えるので、英文がスッキリしますよ。

Tak石河

ここで、’Human beings are made of many different cells having various shapes and functions.’ってhavingを使うのはどう?

Diana

OKですよ。ただ、好き好きな所はありますが、havingを使える時は大体withが使えて、そちらの方が文章が簡潔な印象がありますね。

Tak石河

同一構造の英文の多用を避ける

 

(修正後の日本文)

しかし、どの細胞も基本的な構造は同じで、細胞の中心には核があり、核の中には染色体が存在する。

(元の英作文例)

but their basic structure is the same, there is a nucleus in the center, and there is a chromosome in the nucleus.


ここは、there is構文が2回使われていますね。何度も同じ構造が続くと、分かりづらくなります。後、there is構文を使うと、文章がだらっとした印象になるので、なるべく使わないようにすると、文章がひきしまって良いですね。

Tak石河

 

ここでは、先ほど述べたwithを使ってすっきりさせてみよう。

but their basic structure is the same, there is the nucleus in the center, and there is a chromosome in the nucleus.


but share the same basic structure with the nucleus at the center and (with) chromosomes within the nucleus.

アメリカ人同僚 盟友Liam


なるほど…their basic structure is the same,としてしまうとwithが使いづらいから、文章の構造を…share the same basic structureとSVOにして、structureを最後に持ってくるのね。

Diana

その通り。そして、「核の中には染色体が存在する」は、chromosomes within the nucleus.とwithinを使うと、核の中に染色体がスッポリ入っていることを表現できる。

アメリカ人同僚 盟友Liam

文章に応じた適切な単語を使用する

 

(添削前の回答例)

People are made from a lot of cells.


一見、何の問題もないようですが、このお題は明らかに、生物の専門的な文章になっています。なので、people(漠然とした「人々」を指す)よりも、human beings(生物学的な人類)の方が良いです。また、a lot of…も、「多い」という意味で間違ってはないですが、口語的で漠然としています。ここでは、非常に多いnumerousか、もしくは「数えきれないくらい多い」のcountlessを使うとより分かりやすくなります。実際、人間の細胞数は数えきれないくらいあるのでcountlessが良いと思います。

Tak石河

made fromも、間違えやすい所だね。この場合、細胞が沢山くっついて、そのまま人間を構成しているから、made ofが正しいよ。

アメリカ人同僚 盟友Liam

made fromはどんな時に使うの?

Diana

原料物が、何か加工されて、形がかわってできるときだね。例を挙げてみよう。

Wines are made from grapes.(ワインは、ブドウからできる)

アメリカ人同僚 盟友Liam

補足:細かい所ですが冠詞や前置詞等も要チェック!

会話ではあまり気にならないですが、文章にすると、冠詞や前置詞を正しく表現するのが良いですね。

Tak石河

ここでは、(細胞の)核は、細胞の中には核は1つしかないからa nucleusではなくthe nucleus、中心は、難しい所だけど、in the centerは「中心付近の部分をややぼんやりと指しているイメージ」だから、at the center「ピンポイントで中心部分」にしておこうか。後、染色体(chromosome)は、細胞内には複数あるものだから、a chromosomeよりもchromosomesの方がいいだろうね。

アメリカ人同僚 盟友Liam

うーん。ここらあたりは、生物の知識もないと難しい所ね。

Diana

スッキリ読みやすくした英文

今日のお題の解答例!

Human beings are made of countless cells with various shapes and functions. These cells, however, share the same basic structure with the nucleus at the center and chromosomes within the nucleus.

こういうのって、答えをみると「なんだ、誰にでもできそう:って思っちゃうけど、意外と難しいわね。

Diana

そうなんだ、スッキリとした英文を書くのは、難しいし、訓練が必要だね。

アメリカ人同僚 盟友Liam

スッキリとした英文を書くことにお悩みの方は、是非こちらをご利用ください!

Tak石河

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください