大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

【見逃厳禁・男性向】Tak石河のビジネスの師である伝説の塾が募集開始!

【ビジネス英会話Tips64 中学で習う英単語シリーズ(13)comeは「来る?」「行く?」】

 
  2018/04/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

浅田さん、そろそろ「中学で習う英単語シリーズ」の時間だよ!

アメリカ人同僚 盟友Liam

少し離れた場所から、小さく声が聞こえる…

I’m coming! I’m coming!(今行くぜ!もう少しなんだ!)

Sales Manager浅田さん

 

あ、そうなんだ?それじゃあ、先に始めているから早く来てね。

中学生で習う英単語シリーズの第13回目は、comeだよ!

アメリカ人同僚 盟友Liam

 

 


comeの基本的な意味

comeと言えば、「来る」。「行く」に使いますが、ポイントは「話し手や聞き手の場所に近づくかどうか」です。また「…になる」という変化も、comeで表現ができます。

では、基本的な使い方を4つ、みていきましょう!

来る、行く

Come this way, please.(こちらへどうぞ。)

Come here.(こっちに来なさい。)

Diana

Diana、それは命令に聞こえるから止めた方がいいよ!ビジネスでは

Come this way, please.(こちらへどうぞ。)

が適切だね。案内する時の丁寧な表現だよ。

アメリカ人同僚 盟友Liam

あら?私は敢えて命令で使っているから、問題ないわね?

女王様Diana

読者の皆さんはマネしないでくださいね!

Tak石河

Come to my office, please.(私のオフィスに来てください。)

気づいたかもしれないけど、Comeの意識は、(話し手の方へ)やって来る/(聞き手の方へ)行くということなんだ。この場合、相手はこちらにやってくるので、Come to my office.(私のオフィスにきてください)が正しい。言い換えると、「私のオフィスで貴方を待っています。」ということだね。

アメリカ人同僚 盟友Liam

じゃあ、「行きます」はI’m going.と、I’m coming.ではどっちが正しいの?

Diana

I’m coming.(そちらに行きます。)だね!I’m going.だと、相手と全く関係のない所に移動することになってしまうね。

アメリカ人同僚 盟友Liam

うーん、ここらあたりは、最初は地味に難しい所よね。

Diana

<時期が>近づく

Coming soon!(近日公開!)

これは、日本語でも「カミングスーン!」ってよく使いますよね。

Tak石河

~になる、生じる(変化が起こる)

She came to like Osaka a little.(彼女は大阪が少し好きになった。)

北新地あたりはたまんないわよね!歩合給高いし♪

Diana

Diana、何やってんの…?(汗)

Tak石河

How come?(どうして?)

☆これ、知らないかも?☆

Why…?より口語的で、驚きを込めて「何故、どうして?」という表現ができる。言い方によっては、相手に対する不満を表現することもできるよ。例を見てみよう。

アメリカ人同僚 盟友Liam

Liam, how come you aren’t taking me? (=Why aren’t you taking me?)

(Liam、どうして私を連れてってくれないの…?ねぇ、どうしてなの?)

絡み酒でメンド―なDiana

めんどくさいのでそっとしておきましょう。ちなみに、(📖出典📖:ジーニアス英和辞典(第4版)※一部修正)でした!

ブラック石河

※ご注意!How comeは、感情的な表現になるので、極力使わないようにしようね!

あれ、そういえば浅田さんがいつまで経っても来ないね?

アメリカ人同僚 盟友Liam

※以下の記事では成人向けの表現を含むので、苦手な方はご遠慮下さい

その頃、浅田さんの方では…

‘I’m coming…! I’m coming…! Finished.’

ふう、初めての店だったが、60分3,000円は安かったな…。お。そろそろ「中学生でも分かる英単語」の授業の時間だな。※既に遅刻です

満足した浅田さん

お客サン。お疲れ様デシタ。お会計3,000€(ユーロ)頂きマス。※

注 1ユーロ≒130円なので、約390,000円(39万円)の計算

強面店長Ben

店の看板には60分3,000円って書いてあったじゃねーか!!

キレる浅田さん

お客サン。良く見てくだサイ。

強面店長Ben

Special course 60分3,000¥

何―――!!いつの間にか¥(円)が消えて€(ユーロ)になっとるーー!!!こんなの悪徳商法じゃねーか!

Sales Manager浅田さん

That comes to 3,000€ with tax.

(税込みで3,000€になります。)

さっさと払えコノヤロウ。払えないなら弊社提携の「ラララ♪む〇んくん」があるのでそちらをご利用下サイ^^;

Manager Ben

ぐっはーーー!!!

ようやくボッタクリに遭ったことに気づいた浅田さん

…というわけで、今流行の『通貨単位を円→ユーロに変えるボッタクリ商法』が行われていたんです!皆さんも夜のお店で遊ぶときは気をつけてくださいね!

Tak石河

そんなのないわよ!ていうか、ひっかからないでしょ普通…。

Diana

頑張って、しっかりとして(come on)

 

Come on, Asada-san!

(浅田さん、元気出してください!)

Tak石河


シクシク…( ;∀;)どうりで店の料金安いと思ったんだよう…

む〇んくん多重債務者と化した浅田さん

 

You asked for it!

(自業自得でしょ!)

Diana


You asked for it!のaskの使い方については、こちらの記事を見てね!

アメリカ人同僚 盟友Liam

ところで、浅田さんの’I’m coming…’って、どう訳せばいいいの?Liam、解説してないじゃない?どうなの?

ねちっこく絡むDiana

中学生の英語表現としては高度すぎるから、解説はやめておこうと思ってね。

華麗にかわすLiam

(さすがLiam…かわし方が上手い!!)

Tak石河

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください