大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【World News SMAP活躍・解散・そして再会-森バズ(Mori-buzz) BBC報道の軌跡】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

BBCでのSMAP活躍・解散、そして再会へ~BBC報道の軌跡

今までの何回か紹介してきたBBCの報道ですが、一世を風靡し、そして解散後も大きな影響力を与えているSMAPについて、BBCは今まで報道を続けてきたというお話です!

Tak石河

「SMAP、海外でも超人気だもんね!」

キムタクファンのDiana

「適宜、Tak石河の注釈を入れながら、振り返ってみましょう!(※以下、報道順は前後します)」

Tak石河

Japan pop band SMAP in rare Beijing concert

Japanese pop band SMAP are in China for a long-awaited concert seen as a rare chance to ease strained ties.

(日本の人気音楽グループのSMAPは、長きにわたり切望されていたコンサートの為に中国に滞在している。このコンサートは、(日本―中国の政治的緊張をほどくための)絶好の機会と見られている。

SMAP had also been due to perform at the Shanghai Expo earlier that year(=2010年の中国コンサート開催予定が、中国側の都合で一方的にキャンセルになったことを指す)、 but the concert was cancelled because of fears of over-crowding.

<中略>

Ties between China and Japan remain strained by territorial rows and unresolved historical issues.
The dispute last year over the uninhabited Senkaku islands (居住者の居ない尖閣諸島)(called Diaoyu by China) led to small anti-Japanese demonstrations in several Chinese cities.

(📖出典📖 BBC Online News 16 September 2011 より)

「尖閣諸島問題で日本―中国間で緊張が高まる中、SMAPのコンサートが2011年に開催できたことは、政治的にも大きな意味がありましたね。」

Tak石河

「この時のテーマは、”Do Your Best Japan, Thank You China, Asia is One”だったね。2011年の東日本大震災の際に、中国からの援助に対する感謝の意が込められていた。被災地区の方に元気になってもらう為にも、本当に良いコンサートだった!」

アメリカ人同僚 盟友Liam

 

The dark side of Asia’s pop music industry

 

The members of the ageing boy band SMAP – all dressed in black – bowed deeply in a sombre apology on their weekly programme SMAPxSMAP.
Their sin was trying to leave their agency, Johnny & Associates.

At the far left was Masahiro Nakai – the group’s leader who has usually been placed in the middle of the band. Such subtleties may be lost on many readers, but the symbolism is powerful for Japanese observers. The tabloid newspaper Nikkan Gendai headlined it: “Nakai’s public execution.”(タブロイド紙の日刊現代には『中井の公開処刑』との一面見出しが飾られた)
Others saw the similarity between SMAP members and Japan’s so-called white collar salarymen, unable to disobey their employers.

(多くの人たちは、SMAPのメンバーと、日本人の所謂ホワイトカラーの会社員が、雇用主に服従している共通性を見た)

(📖出典📖 BBC Online News 26 January 2016 より)

「ダークサイドをぶっこんできたわね!」

Diana

そうなんです。SMAPファンの皆さんには本当に申し訳ないんですが、こうやって海外、特にBBCでニュースで(日本の)アイドルニュースが報じられるのは、圧倒的にダークサイド系が多いんですよ

Tak石河

「このニュースは、SMAP解散危機に加えて、日本の社会全体において、被雇用者が雇用主に対して「絶対服従」している歪んだ構図が指摘されている。特に、元記事では(当時)御年84歳のジョニー北川氏が絶対的な権力者であり、SMAPがまるで「奴隷」のように絶対服従している様子が描かれているね。この報道後、 “corporate slaves” (社畜)という言葉がトレンドになってしまった…。」

アメリカ人同僚 盟友Liam

Naked Japanese singer apologises

A Japanese pop singer who was arrested for public indecency after being found drunk and naked in a Tokyo park has apologised for his “shameful” conduct.

“I drank a lot and did not know what I was doing,” Tsuyoshi Kusanagi said on Friday after being released by police.

Since the arrest, Toyota Motor Corp and other leading companies have cancelled commercials featuring the star.

(この逮捕以来、トヨタ自動車や他の一流企業は、このスター(=草彅さんのこと)のCM起用を中止した)

(📖出典📖 BBC Online News 24 April 2009 より)

「私の草彅くんを返してよ!!」

草彅くんファンのDiana

「ていうか、Dianaってキムタクファンじゃなかったのか?」

Sales Manager浅田さん

「ちなみに日本のニュースが海外でも報じられるときは、政治的・経済的影響が大きい場合が多いね。このニュースでも、トヨタ他有名企業への影響が出ていて、これも報じられる一因になっていると思う。こういう所もチェックすると、海外ニュースを見るのがより面白くなるね。

アメリカ人同僚 盟友Liam

Japan boy band SMAP to break up

One of Asia’s biggest pop groups, SMAP, is to break up at the end of the year after a 25-year career.

(📖出典📖 BBC Online News 14 August 2016 より)

「そして、残念なことに、25年続いたSMAPも、2016年末に解散してしまいました。」

Tak石河

「あの時はSMAPロスで仕事どころじゃなかったわね…」

SMAPロスのDiana

今後のBBCで、「森バズ」(Mori-buzz)が紹介されると予言!

AbemaTVの番組「72時間ホンネテレビ」の中で、1996年にオートレーサーに転向するためにSMAPを卒業した森且行に会いに、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が浜松オートを訪れた。(📖出典📖 Yahoo newsより)

「これは、BBCじゃないわよ?」

SMAPロスのDiana

「そうだね、でもこれまで、BBCは日本の巨大アイドルグループ’SMAP’の歩みを細やかに報じてきました!そして、次の報道は…この森バズ(Mori-buzz)ではないかと予言します!!

Tak石河

「当たらなかったらどうするの?」

Diana

「特に何もありません!(笑)」

Tak石河

「銀座の高級寿司、全額Takの驕りね♪」

お寿司大好きDiana

「だな!」

お寿司大好きBen

「でも、オートレーサーに転向した森且行さんは、脱退当時、SMAPのメンバーと「お互い1番になるまで再会しない」と約束したんだ。その約束が21年越しにようやくかなった。是非BBCにもこういう心温まるニュースを、政治・経済等の事情は抜きにして、取り上げて欲しいね^^;

アメリカ人同僚 盟友Liam

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です