大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【ビジネス英会話Tips16 ビジネスにおける様々な数字を表現する方法】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、Tak石河です。

ビジネス英会話において、個人的に結構難しいと感じているのが、「数値を表現する方法です。」

例えば、日本語で、「今月の売り上げは、100万5千円でした。」「今年の売り上げは、1億1530万円になりました」…等。これらを英語でスムーズに表現するにはどうすればよいでしょうか?


きっと、外資系金融等で働いておられる方は、数字の一つの言い間違いが、命取りになるのではないかと思います。ここでは、数値を表現する様々な英語表現をチェックしてみましょう。

まずは、ちゃんと数値を答えるために、考える時間を稼ぎましょう!(笑)

これは、数字を英語で答えるのが苦手な方や、非常に重要な数字を言う場合には、間違えないためにも、慌てずに時間を稼ぎましょう!

【ビジネス英会話Tips② 英会話で言葉に詰まった時に活躍するつなぎ言葉】

でも述べましたが、時間を稼ぐための表現は…

Let me think.

That is a good question.

Let me see.

If I have to say something about it,…

等があります。

数字を表現するための基本的なルール

英語で数値を表現する場合は、3桁区切りで言うのが基本的なルール

(例)

1,000(1千)=thousand

1,000,000(100万)=million

1,000,000,000(10億)=billion

1,000,000,000,000(1兆)=trillion

なお、それ以上、例えば

1,000,000,000,000,000 (100兆)=quadrillionになりますが、さすがにここまでの大きな数字は覚えておかなくてよいでしょう。100兆円などというと、もはや日本の国家予算を超えるしそうそう出てこないでしょうから…。

少数点は英語で’point’と読む

小数点以下の数字は

なお、「0.96」のように、整数部分が0の場合は、0を省略して’point~’以下を読んでも間違いではないですが、’zero point~’と呼ぶのが伝わりやすいです。

(例)

1.14=one point one four

0.96=zero point nine six

では、次の英語を表現してみましょう!

(1)7,309

seven thousand, three hundred and nine

(2)91,143,998,489

ninety-one billion, one hundred forty-three million, nine hundred ninety-eight thousand, four hundred and eighty-nine

(3)99.70

ninety-nine point seven

(4)38.4million dollars

thirty-eight point four million dollars

実際のビジネス英会話で使われる実践的な言い方

よほど厳密に数字を言う場合がなければ、大体の数字(ballpark figures)で表現する場合が多いです。

例えば、「(2)91,143,998,489について、’ ninety-one billion, one hundred forty-three million, nine hundred ninety-eight thousand, four hundred and eighty-nine’ と答えても、もちろん正確な数字ですがちょっとピンときませんね。

そこで、

・about/around(約)…

・over(~を上回る)

・under(~を下回る)

・roughly(大体~)

といった表現を駆使して、大体の数値表現をします。以下それぞれ一例を示してみます。

(1)7,309

seven thousand, three hundred (and) nine

⇒over seven thousand / over 7.3 thousand

※注 正確には、後半の方は’over seven point three thousand’ですが、数字と英文字が混在した表現方法実用上、よくあります(以下同じ)。

(2)91,143,998,489

ninety-one billion, one hundred forty-three million, nine hundred ninety-eight thousand, four hundred and eighty-nine

⇒about 90.1 billion / a bit over 90 billion

(3)99.70

ninety-nine point seven

⇒close to 100

(4)38.4million dollars

thirty-eight point four million dollars

⇒approaching 40 million dollars / moving toward 40 million dollars

ちなみに、Tak石河の経験上は、この言い方は、ちょっとごまかす?言い方としても非常に効果的です。

例えば、’Hey Tak, how is your turnover this year?’(やあTak、今年の営業売上はどうだい?)

と聞かれた時に、

(やばい、今年の目標は$40millionだったけど、実績は$38.4millionで、目標に届いていない!)というときは、

‘So-so good, it is approaching 40 million dollars.’

(まあまあだよ、40millionドルに近づいているよ)

といって、目標数値を下回っていることをぼかすことができます。でも結局、バレるんですけどね…(笑)

今日も、Tak石河のブログを読んでいただいて、ありがとうございました。

もし面白かったら、下記をポチっとorシェアしてもらえると、とても嬉しいです!

皆様の清き(?)1票が、Tak石河のブログ更新の活力へとつながります!

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です