大阪の外資系で働く現役サラリーマンが、ビジネスで闘える英会話力を教えます!

本ブログで使用中のワードプレステーマ【Seal】がサポート付でお得に買える!

【ビジネス英会話Tips20 「念のために」を表す英語表現】

 
  2018/04/27
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら

「念のために」を表す様々な英語表現


こんばんは、Tak石河です。

今回は短い投稿ですが、日本においてビジネスでメール等の際に、「念のために」という言葉、よく使いますよね?これは、確認の時にも、ちょっと自信のないときにも、情報を再度把握するのに(相手に失礼な感情がなく)とても便利で、世界的にも慎重派な日本でよく使われる印象があります。

では、英語では「念のために」とはどのように表現するのでしょうか?ここではTak石河がよく遭遇する表現をいくつかご紹介します。

Just in case

As a provision against something happening or being true

(?出典? Oxford Online Dictionaryより)

日本語で言うところの「念のため」に最も近い表現と思われます。特に会話で多く、文末が若干多い印象。

(例)Let me confirm the meeting schedule just in case.

(訳)念のため、会議のスケジュールを確認させて。

(Just) to be sure / (Just) to be certain

こちらも、「念のために」という意味ですが、ニュアンスとしては「確認のために」といったニュアンスが含まれます。

(例)Could you call me tomorrow just to be sure?

(訳)確認のため、明日電話してくれますか?

※to be sureは、別の意味で以下でも使われます。

Used to admit that something is true, before saying something that is opposite

日本語では、「確かに、なるほど…」といった訳が当てはまりますね。例文みてみましょう。

(例)It was difficult, to be sure, but somehow we managed to finish the job.

(訳)それは確かに難しかったけれど、でもどうにか私たちはその仕事を終えることができた。

(?出典? Longman Online Dictionaryより)

(Just) to be on the safe side

In order to have a margin of security against risks.

(?出典? Oxford Online Dictionaryより)

日本語としては、「安全な側にいるために⇒大事をとって」というニュアンスが含まれます。

(例)Just to be on the safe side, I will be at the airport 2 hours before departure.

(訳)念のため、出発の2時間前には空港にいるよ。

ここでは、「飛行機に乗り遅れない為の安全策として」というニュアンスが含まれますね。

(Just) for my confirmation

最後は、辞書等にはあまりみられませんが、うちの会社でよく使われている表現。

日本語訳では「私の確認の為に」ということですが、あえて「私の」を使うことで、あくまで私が確認したいだけですよ(相手側は大丈夫だと信頼していますよ)、という意味を出したいのだと思われます。使い方は今までと一緒です。

 

 

良かったら、これらのレパートリーも皆さんのビジネス英会話に加えて下さいね^^;

ところで、面白いことに、これらの表現を一番よく使うのってどの国の人と思います?

Tak石河の経験上は…、圧倒的に日本人が多いです。

そもそも、外国の人はそこまで確認しないというか…一度約束をしたらそれでOK、(そして場合によってはトラブルなどで約束がなくなってもOK!汗)といったフシが感じられます。うーん、何だかんだで日本人は世界的にも真面目だなあ…、と、Just in caseの表現の頻度一つを取っても思わざるを得ない今日この頃です。

今日も、Tak石河のブログを読んでいただいて、ありがとうございました。

もしこの記事が、皆さんのビジネス英会話でお役に立てれば、是非下記をポチっとよろしくお願いします!

皆さんの1ポチが、Tak石河のブログ更新の原動力に繋がります!

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪の大手外資系で働く現役サラリーマンです。ビジネス英会話にお役立ちの情報を配信していきます!ブログ上でビジネス英語全般のコンサルティングを承ります。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください